婦人

肌が敏感な状態とは

婦人

肌が敏感になる原因

近年、少しの刺激によって肌がピリピリしてしまうという症状に悩んでいる人が増えてきています。この状態を敏感肌といい、さまざまな原因によって引き起こされます。原因としては、間違ったスキンケア、乱れた食生活、ストレスやアレルギーなどによって肌のバリア機能が低下することで、少しの刺激で敏感に反応してしまうのです。ほかにも、肌に合わない化粧品を使い続けたり、シャンプーの洗い残しがあるなども原因の1つとなってしまいます。これらの原因が肌を弱らせて外からの刺激を受けやすくし、肌の乾燥に繋がります。些細な刺激にピリピリしてしまうだけではなく、ニキビや肌荒れなどのトラブルも引き起こしやすくなります。敏感肌を改善するには外側と内側からのケアが重要です。

改善する方法とは

身体の内側からのケアとしては、皮膚のもとであるタンパク質や肌のターンオーバーを促すビタミンA、ビタミンC、ビタミンCの吸収率を良くするビタミンE、亜鉛などの栄養をバランス良く摂取してくことが大切です。また、敏感肌を改善するためには質の良い睡眠を心がけることも効果的です。外側のケアとしては、肌のバリア機能を高めることが大切です。肌のバリア機能を高めるためには保湿をすることが必要となります。肌が弱っている状態ですので、刺激の少ない成分の配合されたスキンケア用品でケアしていくことが改善に繋がります。おすすめの成分としては、低刺激で浸透率の良い保湿成分であるセラミドが配合されたものを使うことが良いとされています。また、コラーゲンやヒアルロン酸が配合の化粧品も良いでしょう。刺激の少ない化粧品を選び、肌をたっぷりと保湿することで、肌の調子が徐々に整ってくるはずです。