婦人

ニキビの予防改善に効く

肌ケア用品

ビタミンc誘導体は過剰な皮脂を抑える特性があります。肌が乾燥しすぎている人は使用しない方がいいです。ビタミンc誘導体化粧水は、ニキビになりやすい肌の人に向いています。ビタミンc誘導体はメラニン色素の生成を抑制してニキビ跡の色素沈着を防ぐことができます。また皮脂を抑制し、ニキビを予防します。抗炎症作用により、ニキビを鎮静化します。コラーゲン生成を促進し、ニキビ跡を改善します。コラーゲン生成によってターンオーバーを正常化します。以上のように、ニキビの予防や改善に効果を発揮します。化粧品には、1〜2%の濃度でビタミンc誘導体が配合されているのが一般的です。病院で処方されるビタミンc誘導体は濃度がもっと高いです。あまり濃度が高いと、ピリピリした刺激が生じることもあるので敏感肌の人は、注意が必要です。

ビタミンc誘導体入り化粧水を購入する際は配合量に注意しましょう。化粧品の成分表示は配合量の多い順から記載されています。成分表示で上位表示されているか確認して、購入の参考にしましょう。ビタミンc誘導体は過剰な皮脂を抑えるという特性を持っています。そのため、人によっては、肌の乾燥を招くので、ビタミンc誘導体入り化粧水は、ヒアルロン酸やセラミドなど保湿成分がたっぷり入ったものを選ぶのがお勧めです。ビタミンc誘導体は水溶性、油溶性に分かれています。水溶性は化粧水に使われ、油溶性は美容液かクリームに使われることが多いです。ビタミンc誘導体は美容液、クリームよりも、化粧水には配合した方が安定するという性質を持っています。そのため、化粧水で取り入れる方がお勧めです。